英語の自動翻訳

SecondLifeは英語を使います。 Viewerや日本人向けの施設は日本語で書いてあることもありますが、全体的にみればほんの一部です。 そのために翻訳機を使います。翻訳機の使い方がわかれば、英語が苦手でも問題ありません。

翻訳は外部のサービスを使います。外部のサービスの状況によって利用できるかどうかが変わりますので注意が必要です。

自分の発言した文章を翻訳してチャットに発言してくれます。
リアルタイムの会話に向いています。

IMには使えません。

入手方法

マーケットプレイスでL$300で販売されていますが、 日本好きの製作者のhinaichigo Xarisさんのご好意でSSJのJapan-Hirobaのフリーコーナーで、L$10で入手ができます。2019年03月02日時点での最新バージョンTranslator v8.1です。

翻訳したい箇所を選択状態にしてCtrlボタンを2回で翻訳できます。
任意の場所のみを選択するために、正確な範囲を翻訳することができます。

QTranslateはWindows用です。 2019年現在は無料で利用できます。 利用にはインターネットに接続されてる必要があります。 常に起動してる必要がありますが、チャットログを流さないので他の翻訳と使い分けて使います。

  1. ダウンロード(http://quest-app.appspot.com/download)をする。
  2. 必要に応じて右上のメニューの中から「翻訳結果を元の言語に再翻訳」にチェックすると翻訳が正確に行われてるかをチェックできます。
  3. SecondLife内で、翻訳したい文章を選択状態にして、Ctrlキーを2回押す。

QTranslateは、2019年3月の時点で6.7.2です。(最終更新日は2018年12月23日)

選択できない文字列の場合に力を発揮します。
翻訳したい箇所の文字列を囲むと文字を認識、そのまま翻訳結果を返します。

画像に埋め込まれた文章でも翻訳ができるために非常に便利です。
日本語に対応していないゲームでよく使われます。

参考サイト

  • 最終更新: 2019/07/05 15:06