Mama Allpa日本語マニュアル

Second Lifeで妊娠を体験するためのMama Allpaを使います。
性行為、妊娠、出産、を疑似体験できるHUDになります。
連携するアイテムの多さでも有名です。

アダルト目的でなくても子どもを妊娠から出産を体験することが可能なため、
多くの方に利用されています。

妊娠するには男性用と女性用のHUDを一対ずつ装着した1組のアバターが必要です。
アバターの距離は10m以内にいる必要があります。

排卵日は、射精しても受精するとは限りません。
受精するまで何度も射精を行う必要があります。

  • 6つの言語に対応(英語、ドイツ語、フランス語、スペイン語、オランダ語、ポルトガル語)
  • 性別は男女のみ。両性は非対応。
  • ポーズスタンド付き
  • 無料のケアサービスと無料のアップデート

体外射精の区別ができないため、挿入してない場合はHUDを取り外すなどの対応をすること

  • 月経、生殖能力、受胎および妊娠の管理
  • コンドーム、避妊薬が無料で使えます。
  • 父子鑑定は購入場所で行えます。
  • 人間以外の種でも使用できるように調整できる(キツネ、馬、妖精、何でも)
  • 妊娠期間を調整できます。(人以外の種族に合わせることができる)
  • データは外部のサーバーに保管されます
  • オフラインでも日数はカウントされます。

男性側は非常にシンプルです。
女性側が性交を許可した相手のみ射精時に膣内に精液を入れることができます。

  • 男性にもMamaAllpa HUDが必要です。
  • 有名な男性器の射精ボタンはMamaAllpaと連動して相手の膣内に精液を入れます。
  • 人以外の種族に変更できます。
  • 最終更新: 2021/01/22 22:11