アバターづくりがしたい

アバターの身体を構成するパーツすべてが、別々のクリエイターがつくったものです。 皮膚、目、髪、頭部、身体、性器、仕草、服…あらゆる部品が個別に配布や販売されていています。

少なくても右にあるアバターは、20人以上の製品の組み合わせです。 Maitreya、UTILIZATOR、Ayashi、Limerence、Dutchie、BREATHE、Oracul、JOMO、Aeros、Clever Language…

これが2003年から存在して、今でも使うことが可能です。

これらのパーツ全てはログインした状態で購入から装着などのすべての過程ができます。 それも専門知識は不要です。 アバターを構成するパーツの取り替えは、RPGゲームの装備品のようにマウス操作のみで行なえます。

これを実現できるのは、多くの共通規格が普及しているこのSecondLife独自の大きな利点です。

また専門の知識や技術をもってる人はSecondLifeでの表現の幅が広がります。 3DソフトウェアのBlenderやMaya、2D画像編集のPhotoshopやGIMP、 これ以外にも音やアニメーションなど。

ログインした状態で、仮想店舗に移動して直接アイテムを入手する方法がひとつ。 もうひとつが、通販サイトです。 みなさんがよく利用する通販サイトAmazonをご存じの方が多いと思います。 このような通販サイトがSecondLifeにはあります。 「Market Place」という公式が運営しているウェブサービスで、 Amazonのようにカタログをウェブブラウザで見てその場で購入できます。

またSecond Lifeの利点として、気になった商品を実際に見たり試すことも可能です。

Second Lifeのアバターは、非常に多くの部品からできています。 あまり慣れてない場合は、どれから揃えたらいいのかわかりません。 ですが、これだけは言えます。 アバターの土台さえ決めてしまえば、あとはその土台に合う部品を探すだけで済みます。

慣れていないうちは多くの人が今使ってるものを選ぶことが重要になってきます。

  • 頭部5種類:ASRの頭部2種類、M4の頭部3種類から選ぶ
  • 身体3種類:「Maitreya」、「Belleza」、「Legacy」の中から選ぶ

頭部のおすすめは「ASR aeon」と「M4 anime head」です。
身体はMaitreyaです。詳しく知りたい方は「女性メッシュボディ比較表」を参考にしましょう。

土台の頭部・身体よりも「目や髪や肌」が重要です。
特にアニメ調なら力を入れるところです。

着たい服が対応しているボディを選ぶことをおすすめします。
服とボディはセットだとおもってください。

組み合わせが合ってないと、服から体がはみ出したり、
服の隙間から見せるつもりのない乳首や性器がみえたりします。

  • 最終更新: 2020/12/08 04:54