Bakes on Mesh(BoM)

公式解説:メッシュでのベイク処理 (公式解説はメイクで解説しています)

スキンやタトゥーやメイクを取り扱うのにとっても便利になる仕組みです。
BoMを利用することによってスキンの調整はより複雑になります。

BoMを利用するにはシステムアバターの知識が必要になります。

  1. MaitreyaBellezaLegacyなどのメッシュ製品の最新版を用意する
  2. BoMに対応したスキンアイテムを用意してダブルクリックで装着する(またはのアイコン)
  3. 容姿ウインドウからアルファを外す(目や髪にBoMを使わない場合は使わない箇所のアルファを装着)
  4. メッシュ製品のBoMを有効化する(HUD内のボタンまたは専用のアイテムが必要)
  5. 正常に見えているなら成功です。BoM用のtattooなどを重ねていきましょう。

Bakes on Mesh(以下BoM)は、肌に関するテクスチャ(画像)を足し算するのが得意です。

メイク、スキン、タトゥーなど、1枚の画像に足し算(ベイク処理)をすることで、
より自由で個性的なアバターにする手助けをする仕組みです。

今まではPhotoshopSAIGIMPでやるような専門的な知識や経験が必要な画像合成が
Second Lifeだけで誰でもできるということです。

従来のアプライヤー方式では、肌の上に3枚を重ねるのが限界でした。
例えばタトゥーは複数の製品を同時に付けることが不可能でした。

以下の2つが最低限必要です。

  • BoMに対応したボディやヘッド
    MaitreyaBelleza、Slink、Legacyなどの最新バージョン)
  • BoMに対応したスキン
    このようなアイコンがあるアイテムが入ってるか確認)

BoM対応のスキンを再度購入するか、今使ってるスキンがBoM対応になってる場合は再配達でてにはいるでしょう。

またアルファレイヤーの取り扱いが変わります。

  • 透明または半透明の画像をつかった透過バグがおきなくなる
  • メイクの重ね合わせに便利(リアルヘッドのみ)
  • タトゥーを複数組み合わせる
  • ほくろ、日焼け、傷跡などを同時に装着できる
  • それぞれがひとつの装着物になるため、アウトフィットで管理しやすい

どれも作った人が違っても組み合わせることができます。

  • 高解像度の画像が使えないため細かい模様には弱い(縦横1024ピクセルの画像まで)
  • 光沢(スペキュラマップ)や凹凸(ノーマルマップ)の設定は変更できないため、いままでのアプライヤーと併用する必要がある
  • クリエイターがBoMに対応した製品を作る必要があるため店によって対応がバラバラ

今までのアプライヤーがなくなるわけではなく、役割が分かれるということです。

アルファレイヤーが本来の使用方法に戻ります。
そのため前付けていたものは一度取り外す必要があります。

今まで、初期アバターを隠すためにつかっていました。
BoMでは使う場所によって表示するように設定をし直す必要があります。

  • BoMは爪の下に付くため、手袋や靴下のような形状とはうまくいかない。
  • 衣服レイヤーは60個制限に含まれます。(装着アイテム38個以外に60個つけられる感じです)
  • 衣服テクスチャーの最大サイズは、512×512ピクセルから1024×1024ピクセルに変更(目は128×128ピクセルを除く?)
  • ユニバーサルレイヤーに補助用の3つのチャンネルを追加
  • ユニバーサルレイヤーは左腕、左足に設定が可能になった
  • チャンネル数は8枚から11チャンネルに増える(11枚分のテクスチャーが利用可能)
  • システムレイヤーは、種類ごとにベイクされる順番は決まっているため変更不可。
  • それぞれの種類ごとの装着制限は撤廃されました。(以前は5つ制限でした)

システムレイヤーの合計数の計算は以下の装着物です。
ユニバーサル、 アルファ、 タトゥー、 靴のベース、 物理、 靴下、 手袋、 下着(上)、 下着(下)、 シャツ、 ズボン、 ジャケット、 スカート、 そして シェイプ、 肌、 目、 髪(この4つは各1つのみ)

種類ごとに重なる順番の他に同じ種類のものは重なる順番を変更できる

調査中・・・

重なる
順番
名称 チャンネル 複数装着
上半身 下半身 スカート 左腕 左足
ジャケット
シャツ
手袋
下着(上)
ズボン
靴下
下着(下)
ユニバーサル
スカート
-
-
タトゥー
-

同じ種類のものは重なりの順番を変更できます。

自分のアバターを右クリックして出るメニューの
中に「アウトフィットの編集」という項目から変更できます。

少なくてもYou Tube上に10以上の動画があります。
https://www.youtube.com/results?search_query=Bakes+on+Mesh

実は私は自分のブログにBakes on Mesh(BoM)でわかったことまとめ。を書いています。
詳しい技術的なことを知りたい方はヒントになるかも。

  • 最終更新: 2021/01/04 19:04