AOの組み換えで個性を出す

初心者はセットで売られているAOを使います。 ある程度慣れてきてる場合は、セットでなく単品で購入したほうが安く済みますし、個性もだしやすいです。

ここではアバターのイメージに合わせたアニメーションの組み合わせ方法を学びます。

「Firestorm Client AO」や既存のHUDの書き換え、空のHUDを使って個性的なアバターを目指しましょう。 複数のアウトフィットでAOを切り替える場合は装着タイプのAO、あまり切り替えない場合やスクリプト消費を抑えたい場合は「Firestorm Client AO」を使います。

設定できる項目は以下になります。

  • Standing(立っている状態)
  • Walking(歩き)
  • Running(走り)
  • Sittng(プリムやアニメーションの入ってない家具に座る)
  • Sitting On Ground(地面に座る)
  • Crouching(しゃがむ)
  • Crouch Walking(しゃがみながら歩く)
  • Landing(高いところから着地したとき)
  • Soft Landing(ジャンプなどで着地するとき)
  • Standing Up(立つとき)
  • Falling(落下するとき)
  • Flying Down(飛行状態から下降するとき)
  • Flying Up(飛行状態から上昇するとき)
  • Flying(飛行)
  • Flying Slow(ゆっくり飛行する)
  • Hovering(空中浮遊)
  • Jumping(ジャンプ中の動作)
  • Pre Jumping(ジャンプするときの動作)
  • Turning Right(右回りをするとき)
  • Turning Left(左回りをするとき)
  • Typing(文字入力やボイス中の動作)
  • Floating(水に浮いている状態)
  • Swimming Forward(泳いでるとき)
  • Swimming Up(水の中で浮上するとき)
  • Swimming Down(水の中で深く潜るとき)