Second LifeでGShade3.4.1を使って加工いらずで美しい撮影する

GShade3.4.1(2021年9月20日)は、リアルタイムに画面全体に様々な効果を付け加える無料の外部ツールです。 主にファイナルファンタジー14で使われることが多いですが、 Second Lifeにも対応(公式、Firestorm、BlackDragon)しています。 加工後の状態を見ながら撮影することができる点がとても優れています。

  • 無料
  • FF14だけでなくSecond Lifeでも使える。
  • インストールが必要な外部ツール(Windows、Mac、Linux対応)
  • 300以上の画面効果の細かな調整と組み合わせができる
  • 内蔵されているプリセットを選ぶだけで絵がつくれる
  • プリセットは他の人とやり取りができる
  • モニタの解像度に依存する

テクニックと呼ばれる画面効果は300以上あり、それぞれ細かく調整ができます。 それらの組み合わせたものがプリセットです。 このプリセットは、有志によって配布もされているため、誰でも気軽に素敵な写真を撮ることができます。

GShadeでの撮影はモニターの解像度に依存します。 もし綺麗で高画質な写真を撮る場合は、4Kや8kなどの次世代の映像規格が表示できる環境が必要です。

SL上で背景をぼかしてから、GShadeのプリセット「EG11 - 05 - Pastel Warm」を使用 (qMXAO「qUINT_mxao.fx」、ADOF「qUINT_dof.fx」を無効)

画像加工で有名なPhotoshopと比較です。無料の画像加工ソフトでも同じです。

GShade

  • リアルタイムに画面に反映
  • プリセットから選ぶだけで絵がつくれる
  • パソコンの負荷が増える
  • 解像度はパソコンの環境に依存
  • 無料で扱える

Photoshop

  • 明度・彩度・明るさ、レベル補正など自由に行える
  • トリミング・傾きなどの加工があとからできる
  • 不要物の削除の自動化
  • 画像同士の合成
  • 有料

GShadeは、リアルタイムに画面を変更してくれるため、写真だけでなく動画も可能です。 画像加工に特別な知識がなくてもプリセットを選ぶだけで、雰囲気のいい写真を作ることが可能です。 ただし、リアルタイムで表示するため、パソコンの負荷が余計にかかります。

画像加工で有名なPhotoshopは、撮影後に写真データを加工します。 細かな調整が可能なPhotoshopですが、ある程度の知識と経験が必要で、 目的とする絵が明確にイメージできていないと、思ったような加工ができません。 加工後の画像を使うため、パソコンの負荷をへらすことができます。

それぞれ利点がありますので使い分けたり組み合わせをして、表現したいものをつくっていきましょう。

最初に保存場所の確認を行いましょう。
設定タブ→スクリーンショットの項目です。

プリセット一覧からプリセットを選んで調整するだけです。

  1. ENDキーを押してGShadeの画面を呼び出します。
  2. プリセットが入ってるプルダウンメニューから良さそうなプリセットを選びます。
  3. 人気があるのはEG11の中に入ってるものです。
  4. 表示がうまく言ってない場合はテクニックをオンオフして調整します。
  5. PrintScreenキーを押して撮影する(GShadeで設定したキーで撮影)

「Global Preprocessor Definitions」はテクニックの細かな調整ができます。

ダウンロードは公式サイト(https://gposers.com/gshade/)から行います。

基本的に指示に従ってインストールすれば問題ありませんが、途中でexeファイルの場所を指定する項目がでてきます。 そこにはSecond Lifeのビューワーを指定することで紐づけすることが出来ます。 これは後から「GShade Control Panel」から追加や削除ができます。

  • インストール後、正常に紐づけされたViewerは、起動と同時に使えるようになってるようです。
  • ENDキーでGShadeの操作パネルの開閉を行います。(なぜかFF14系の解説サイトと違うので注意)
  • スクリーンショットの撮影は、PrintScreenキーで行います。
  • GShadeを無効にするには、ShiftキーとENDキーを押します。
  • キー設定は、変更できます。他の機能とかぶらないように注意しましょう。

入ってるプリセットは、調整したら戻せなくなることもあります。(リセットとかがないため)

プリセットの多くはFF14に最適化されています。 Second Lifeでの利用は想定されてないものもあるため、思ったような絵にならないこともあります。

今後Second Lifeに最適化したプリセットができることを祈りましょう。

GShadeにゲームを登録することによって、ゲームを起動するだけでGShadeを利用できるようになります。 GShade単体での起動はありません。

「GShade Control Panel」から行います。

ゲームの追加削除は「INSTALLATIONS」のタブから行います。