RLV機能の基礎を学ぼう

アダルト行為やアダルト施設を利用しようと考えてるならRLVを学んでおこう。 より楽しい世界が体験できます。

あなたは自由を奪われるのは好きですか?それとも相手の自由を奪うのが好きですか?それを叶えることができます。それがRLVです。

RLV(Restrained Love Viewer)は、 オブジェクトの取り外しなどの機能を制限する機能を提供することを目的として作られてるビューワーです。Maitreyaのスクリプターとしても有名なMarine Kelleyが作成しています。また、この機能を他のビューワーでも使えるようにしたものがRLVa(Restrained Love Viewer API)です。

こちらでは、FirestormでRLVを使うことを前提としています。

RLVは、セカンドライフに新しい機能を追加します。これによってLSLだけで実現ができなかったことが可能になります。RLVのコマンドが入ったオブジェクトは、アバターを指定した行動や制御および制限できます。RLVはLSLを拡張をして多くのコマンド追加します。

多くの方が知っているが「OpenCollar」です。RLVを使用して、指定したユーザーがアバターを好きなように制限できるようにします。たとえば、IMの送信、座ったり、立ったり、強制的にテレポートしたり、場所を離れたりすることを禁止できます。LSLはこれらのコマンドをサポートしていません。さらにRLV対応のビューワがないと、これらのことはできません。

またゲームにも使われます。たとえばゲームの中であなたが死んで刑務所の独房に強制的に移動、そこから一定時間経過しないと脱出ができなくなることなどが可能になります。これらはすべて、LSL(Linden Scripting Language)だけでは不可能なことです。

どういったものかを知っていれば、トラブルは起きません。

RLVを有効にしても、プライバシーを侵害したり、サーバーに不要な負荷をかけたり、Second Lifeの利用規約に違反したりすることはありません。RLVは着用したオブジェクトに対してのみ機能します。外部のオブジェクトからのRLVコマンドを受け取るにはRLVリレーを有効にする必要があります。

外部のオブジェクト(家具など)や、他のアバターからRLVコマンド(操作)を受けるにはRLVリレーの役割を果たすアイテムを装着する必要があります。多くの場合が首輪の形状をしています。基本的にBDSM用の衣服や装着アイテムに含まれています。このRLVリレーが無効の場合は、外部からのありとあらゆるRLVオブジェクトの影響を受けません。

RLVはFirestormビューワーなどで使えます。公式ビューワーでは機能しません。

  1. 環境設定の中のFirestormのタブを開く
  2. 「他のビューワからのリモートコントロールを許可する。(RLVa機能)」にチェックを入れる
  3. RLVaを機能させるためにFirestormを再起動する
  4. RLVリレー機能のあるアタッチメントを装着する

家具に座ったら立てなくなった、装着したものが外せなくなったなど、いずれかの方法で解除することができます。

  • 公式のビューワーに切り替える
  • セーフワードを使う(RLVアタッチメントの取り外しはできない?)
  • ビューワーのRLV機能を無効にする(再起動が必要の場合がある)

OpenCollar(首輪)のチュートリアルをごらんください。

参考文献
  • 最終更新: 2021/02/15 22:51