だれでもわかるコミュニティスタンダード(日本語解説)

みんなでこれだけはしないようにしようという目標みたいなものです。
こういったものは、実はたくさんあふれています。
みんなで正していって解決をしていこうというものです。

セカンドライフは多くの地域から様々な人種や民族が参加しています。
あなたが正しいと思ったことが、相手にとって正しくないことも多くあります。
自由のために、これらのことを意識して行動していきましょう。

詳細:COMMUNITY STANDARDS(英語)

知らないからで済まされない、とても大切なことです。 知らないうちにあなたの言動や行動で、相手を傷つけたり、バカにしたりしているかもしれません。

セカンドライフにかぎらず、多くの場所で「差別」が日常的に行われています。 すべてを理解する必要はありませんが、してはいけないことを少しずつでもいいので学んでいきましょう。

差別になるもの

  • 人種(肌の色)
  • 民族(アジア系の民族など)
  • 性別
  • 宗教
  • 性的指向(ゲイ、レズ、LGBTQなど)

なにも言えないじゃんって思うかもしれないけど、言葉を選んだり、 言い方ややり方を変えるだけでも、印象やニュアンスが変わります。

嫌な気分になるような振る舞い、威圧的な行動、おどす行為はしてはいけません。

これは相手によって変わってきます。 なので、行動や言動はできるだけ丁寧に行っていきましょう。

行動だけでなく、アバターの外観も威圧的だったり攻撃的なものも、含まれます。

銃やナイフなどで相手を攻撃するような振る舞い、 相手を押したり飛ばしたりする、 こういったいじめに繋がる行動はしてはいけません。

また、こういったことをする目的のアイテムの作成もしてはいけません。

相手が不快に思わない距離感を保つことです。 自分の動きや身振り手振り、相手との位置関係に気を配れるようにしましょう。

たとえば、カップル用やアダルト用の椅子などの家具に一緒座るのは、 相手に許可をとってからにしよう。 なかよしであっても、一声かけるのがいいです。 なんでもあなたの想像で勝手に判断して、行わないということです。

  • どこでもまずはちゃんと服を着る
  • G区分の場所では誰が見ても良いような服装や行動をする
  • M区分でエッチなことをするときは室内でする
  • A区分でもエッチをするときはその場所の決まりを守って行動する

セカンドライフでは、みんなが行くことができる公共施設やお店やたまり場、それぞれの自宅、特別なものやサービスをしている場所など大きく3つの場所にわかれています。服装や行動は、場所にあわせて変えていこう!

  • G区分:公共の施設です。
  • M区分:一般的なお店や住居があります。
  • A区分:えっちなことで商売をするところ。

詳しくは、レーティング区分、コンテンツガイドラインをみてみよう。

  • 相手の秘密を勝手にTwitterやDiscordなどに書き込まない
  • 相手の秘密を勝手に探らない(つきまといや盗撮盗聴)
  • チャットやIMの内容を勝手に公開しない

個人情報のことです。会話をしていくうちに相手のいろんなことを知るかもしれません。 その中でみんなに広めたい面白いことがあって、こういうことあったよって話したくなるかも。 でも、よく考えてみて。あなたを信頼して話してくれたこと、それをみんなにお話するのはだめなんです。

あなただから話したこと、特定の人にあまり知られたくない知られると困ることもあります。 あなたが広めてしまった「広めてほしくないこと」が原因で、喧嘩が起きたり、なかよしだった人たちがバラバラになるかも。 あなたにとって、些細なことだったとしても、相手にとって重要なこともあります。 あなたは自分で判断して相手に関することを、勝手にしてはいけないということです。

多くの人を妨害する行為全般をしてはいけません。

  • チャットやIMやアイテムなどを必要以上に送りつける
  • アイテムを無限に複製して周囲に撒き散らすもの
  • 大きな音で相手の行動を妨げる
  • 広告や宣伝を繰り返し行うこと
  • 言い争いなどで多くの人を巻き込むこと
  • 他人を扇動して違反校行為をさせること
  • モデレーターやリンデン職員の判断を不満に感じそれをもとに罵倒する行為

別のユーザーのなりすまし、別のユーザーのIDの盗用などのしてはいけない。 友人同士の行為であっても、問題になることもおおくあります。

コミュニティスタンダードに違反すると、アカウントの停止、違反が繰り返されると、SecondLifeCommunityから追放される可能性があります。