Linden Scripting Languageとは?

Linden Scripting Language(以下LSL)はリンデンラボが作った「セカンドライフ(Second Life)」の独自の簡易的なプログラミング言語です。 最大の特徴はユーザーがSecond Lifeの中で自由に使えるという点です。

このLSLを使用することによって、セカンドライフ内のオブジェクトやアバターの動作つけることができます。 LSLはC言語に近い文法構造を持ち、イベント駆動型プログラミングになります。 3D可変タイプ(ベクトルと四元数)、物理学とアバター相互作用を操るためのさまざまな組込み関数が存在しています。

LSLはプログラミング言語の一種ですので、理解を深めるためには一般的なプログラミングの基礎知識が不可欠です。 ここではLSLに限らずプログラミング全般に共通する概念の説明を含む場合があります。

必ず英語の原文を読んでください

音を鳴らす、オブジェクトを回転させる、透明にする、光らせる、キラキラしたものを出す。 アバターが座れるようにする、アバターを移動させるなどなど。

スクリプトはオブジェクト(プリム)の中に記述します。 <注>自分で生成したオブジェクトか権限を持っているオブジェクトでないとスクリプトは修正できません。

オブジェクト生成ツールの「コンテ」タブを選択するとスクリプトを設定することができます。 「新しいスクリ」ボタンを押すと「NewScript」という名前のスクリプトがデフォルトで作成されます。 このスクリプト「NewScript」をダブルクリックしてください。

スクリプトはこの画面で記述します。 このサイトにはたくさんの簡単スクリプトTips集がありますから、試してみてください。 尚、スクリプト名「NewScript」は変更可能です。複数のスクリプトを作成することもできます。

修正したスクリプトは保存してください。 「Compile successful,saving…」と「Save complete」のメッセージが表示されれば、 エラーなく保存ができたということです。

その場所はスクリプト禁止の場所ではありませんか? ツールバーにスクリプト禁止マークがでていないか確認してみてください。 スクリプトを禁止している場所では動作しません。スクリプトが許可されている場所でご使用下さい。

Runningにチェックがはいっていますか? Resetボタンにより、スクリプトをリセットしてみてはいかがでしょうか。

  • 最終更新: 2021/02/13 17:21