Alpha auto-hide

メッシュボディのアルファ機能を自動化するスクリプトです。 このスクリプトが組み込まれてるアイテムを装着すると、 メッシュボディは指定してある場所が自動的に非表示になります。 またそのアイテムを取り外すと自動的に表示します。

新しいV5アルファ自動非表示キットにはいくつかの新機能があり、機能が大幅に改善されています。

  • 非表示のパーツが重なっているアイテムを着用し、アイテムの1つを取り外すと、まだ着用しているアイテムの非表示にする必要があるパーツが再表示されなくなります。
  • 所有しているnomodメッシュアイテム内のアルファ自動非表示スクリプトが好みに合わない場合(たとえば、メッシュ本体の非表示が多すぎるため)、スクリプトを削除または変更できるようになりました。

-no modアイテムから自動非表示スクリプトを削除するには:ローカルチャットで次のように入力します:/ 95(の一部)アイテムの名前delete。例:/ 95ジーンズ削除 -no modアイテムの自動非表示スクリプトを変更するには:ローカルチャットで次のように入力します:/ 95(の一部)アイテムメニューの名前。例:/ 95ジーンズメニュー

このコマンドは、セットアップメニューを開き、スクリプトを自分でセットアップできるようにします。

  1. アルファを自動非表示にする衣類を着用します。
  2. ララメッシュボディHUDで、この衣料品の必要に応じてパーツを非表示にします。
  3. メッシュの衣類アイテム(またはアイテムが編集できない場合はプリム)を地面に置きます(摩耗したアイテムにスクリプトを追加することはできません)
  4. MaitreyaAlphaAuto-Hideスクリプトを衣類アイテムまたはプリムにドロップします。
  5. オプション付きのメニューが開きます。メニューから「GetAlpha」を選択します。HUD構成は、自動非表示スクリプトに読み込まれます。
  6. 結果に満足したら、[ファイナライズ]をクリックします。これにより、Alpha構成がロックされ、AutoHideがアタッチとデタッチの作業を開始できるようになります。

–Test Alpha:記録されているかどうかを確認できます(hudの「showall」ですべてのパーツを非表示にした後)。 -バックアップ:これにより、スクリプトで機能する構成モードで、チャット内のすべてのアルファデータが提供されます。これをノートカードに保存して、バックアップ用に保管しておくことができます。 -復元:バックアップノートカードを作成し、このノートカードを使用して次のアイテムを設定する場合は、復元を使用してそれを行うことができます。 -レズ可能:アイテムをレズ不可にすることを選択できます。アイテムはまだあなたのためにrezzableです。

注1:アイテムのコピーをドラッグする場合、たとえば色を作成するには、スクリプトを再構成する必要があります。フロアにすべてのコピーがあり、それぞれに自動非表示スクリプトが含まれている場合、「getalpha」関数はすべてのコピーのHUDアルファ状態を記録します。ファイナライズするには、各コピーをタッチする必要があります。注2:このスクリプトを使用して個人的に使用するためにプリムを作成した場合、プリムを取り外すと、体の隠れた部分が再び表示されることを覚えておくことが重要です。そのため、プリムを小さくして画面に表示するか、あまり気にならない場所に着用することをお勧めします。注3:このスクリプトはデフォルトでコピー/転送されます。もちろん、これを変更することもできます。

注4:AutoHideスクリプトは、必ず衣料品のルートプリムに配置してください。リンクセット内の別のプリムに配置すると、OnDetach関数が失敗します。 ヘルプページを開始するために戻る

  • 最終更新: 2020/11/14 18:20