Lara mesh body のアプライヤーを作る

  1. アプライヤーの販売を予定している場合は、スクリプト「Maitreya Applier ScriptV5 …」を「転送なし」または「コピーなし」に設定してください。
  2. スクリプト「MaitreyaApplierScript V5 …」を(hudボタン)プリムにドラッグします。
  3. ノートカード「MaitreyaTexture Loader –…」にUUIDを入力し、ノートカードをにドラッグします。プリムも。

数秒で、スクリプトはuuidを読み取り、ノートカードを削除します。この後、スクリプトをリセットすることはできません。リセットすると、uuidデータが失われるためです。

  • 複数のボタンを備えたHUDを構築する場合は、最初にボタンがすべてルートプリムに接続されていることを確認する必要があります。その後、各ボタンに独自のスクリプトを与えます。ルートプリムはスクリプトを必要としません。
  • ノートカードの名前は変更できますが、ノートカード内ではUUIDのみを変更する必要があります。
  • ノートカードのすべてはオプションです。未使用の領域は空白のままにすることができます。

スキン、レイヤー、HDニップル、ネイル、マテリアルのキットは、Maitreya storeの壁のメッシュボディの隣にあります。 各キットには、独自のノートカードと手順があります。

マテリアルのuuidをアプライヤーに追加する場合、これは「レイヤー」、「スキン」、および「HDニップル」アプライヤーで可能です。 V5アプライヤーでは、マテリアルコントロールスライダーの設定(「光沢」、「強度」、「環境」)を事前に決定することもできます。これはオプションであり、アプライヤーにとってこれが重要でないと思われる場合は、これらの値をいじる必要はありません。これは完全にユーザーに任せることもできます。 また、顧客がどのスキンでも使用できる、単なる材料であるアプライヤーを作成することもできます。または、特定のBoM衣装を強化するためにマテリアルアプライヤーを作成することもできます。これは、新しい「材料」キットで可能です。

ララメッシュボディのユーザーは、V5の新しいオプションを利用できます。HDニップルは、3つのニップル形状(オリジナル、ハード、パフィー)です。 HD Nipplesキットを使用すると、HDNippleアプライヤー用のテクスチャとマテリアルを作成できます。 3つのHDニップルには、キットに含まれている固有のuvマップがあります。

レイヤーキットのノートカードには、他のキットにはないいくつかの新しい追加オプションがあります。これらは、キットの説明書に記載されています。これらのオプションのほとんどは、sl編集ウィンドウからのオプションであるため、作成者にはかなりなじみがあります。ただし、これまでの可能性とは少し異なるため、ここで言及する価値のある新しい可能性が1つあります。 「アプライヤーのアタッチ/デタッチ時のテクスチャの適用と削除(RLVの場合)」を「y」(はい)に設定することで、アプライヤーのアタッチとデタッチ時にテクスチャを再度適用および削除することができます。その場合、ユーザーはアプライヤーをタッチして適用する必要はありません。これは、アプライヤーHUDをユーザーに追加できることを意味します #RLVフォルダーとそのパートナーは、アプライヤーをドレス/アンドレスにアタッチおよびデタッチできます。 このパラメータを「y」に設定すると、アプライヤーがデタッチされたときに、適用されたテクスチャが削除されることにも注意してください。したがって、通常のアプライヤーの使用では、このオプションはお勧めしません。

スキンキットとネイルキットの場合、テクスチャをメッシュボディに完全に一致させるのに役立つ、ダウンロードするpsdファイルがいくつかあります。スキンアプライヤーのテクスチャはここにあり、ネイルアプライヤーのテクスチャはここにあります。

  • 最終更新: 2020/11/14 18:19