Layers

Lara mesh body V5での最も大きい変更は、レイヤーと、テクスチャがレイヤーに適用される方法に関するものです。

  • レイヤーが着脱可能なアイテムとして分離
  • ひとつのレイヤーに最大17箇所に別のテクスチャをつかえる

レイヤーがボディから分離されました。これによって使用していないレイヤーを着用する必要がなくなりました。 1層、2層、3層すべてを着用(追加)できます。どのレイヤーも、レイヤーのさまざまな部分に適用された複数のアプライヤーからテクスチャを受け取ることができるようになりました。適用できるレイヤーには17の領域があるため、理論的には、レイヤー上で最大17の異なるアプライヤーテクスチャを着用できます。この新機能では、片方の腕、片方の手、片方の足のタトゥーも可能です。レイヤーをアタッチすると、レイヤータイプ(タトゥー、下着、衣類)の名前が付いたボタンがHUDに表示されます。これも自動的にアクティブレイヤーになります。レイヤーページで実行されるアクションは、アクティブレイヤーでのみ発生します。

2番目のレイヤーが追加されると、このレイヤーがアクティブレイヤーになります。「レイヤーの選択」ボタンをクリックすると、アクティブレイヤーとして使用するレイヤーを選択できます。そのレイヤーに対応するxを押すと、レイヤーをhudから直接切り離すことができます。前のレイヤーがデタッチされた後、レイヤーのデタッチが速すぎると、HUDがこれを正しく表示しない可能性があります。このまれなケースでは、hudの更新ボタンを使用して、それ自体を更新し、レイヤーの現在の状態を表示できます。

Selection mode

操作を行いたいレイヤーの一部を選べます。 このボタンを点灯させた状態でマネキンを直接クリックしてください。

「Quick selection」は全体の操作に向いています。

Hide/show mode

「Hide/show mode」はレイヤーの一部の表示と非表示を切り替えることができます。これを操作するにはこのボタンを点灯させた状態でマネキンをクリックします。

左の写真の例では、下着とタトゥーレイヤーの2つのレイヤーが着用されており、タトゥーレイヤーがアクティブレイヤーです。右側のマネキンは選択モードで、右腕だけが選択されています(タトゥーは右腕に適用されます)。

テクスチャが重なっている複数のレイヤーを着用すると、アルファグリッチが発生する可能性があります。マスクモードは、このような状況での解決策になる可能性があります。レイヤーのマスクモードをオンに切り替えると、このレイヤーは「アルファマスキング」に変わり、アルファグリッチが発生しなくなります。ただし、アルファマスキングは、アルファにグレースケールが含まれるテクスチャの外観を変更します。したがって、この修正は、適用されるテクスチャの量が限られている場合にのみ機能します。

クリアレイヤーはレイヤーからテクスチャを削除し、このレイヤーを再び100%の透明度に設定します。レイヤーをデフォルトの状態に戻します。 前のアプライヤーがレイヤーの透明度の値を決定した場合は、レイヤーをクリアしてから、新しいテクスチャをレイヤーに再適用することをお勧めします(Lara HUDにはこのためのコントロールスライダーがないため、レイヤーを移動できます)クリアするとデフォルトの状態に戻ります)。

「ADVANCED」ボタンを押すと、追加のオプションを含むパネルが開き、適用されたテクスチャをより詳細に編集できます。このパネルには、マテリアルを制御するためのボタンとスライダーが含まれています(マテリアルが使用されるアプライヤーの一部である場合)。アクティブレイヤーに適用されたテクスチャを着色するための着色パネルがあり、アプライヤーにマテリアルがある場合は、輝き(光沢)を着色することもできます。特定のアプライヤーがそのために意図された場合、レイヤーは完全に明るいまたは光るように設定できます。

  1. 最初にレイヤーを着用していることを確認します(タトゥーレイヤーは体に最も近いため、タトゥーに推奨されます)
  2. 次に選択モードになっていることを確認します(ハッド、レイヤーページ、ボタンマネキンの隣)
  3. これで、テクスチャを適用するボディの部分を選択できます。これを行うには、マネキンのその部分を「クイック選択」ボタンでオンに切り替えます。または、「なし」ボタンを選択してから、選択するマネキンの腕、手、足などにタッチすることもできます。
  4. アプライヤーを使用する場合は、この1つのセクションまたは選択したセクションにのみ適用されます。
注1:

古いアプライヤーは、どのレイヤーに適用するかを尋ねるポップアップウィンドウをアクティブにする場合があります。ただし、レイヤーはメッシュのボディベースから分離されており、自動的には着用されないため、最初に、適用するレイヤーを着用していることを確認する必要があります。

注2:

オメガアプライヤー(オメガマイトレーヤリレーHUDが必要)と新しいマイトレーヤアプライヤーは、レイヤーを着用し、アクティブである限り、選択した任意のレイヤーに適用できます。 (HUDレイヤーページの左上のパネルで選択されている場合はアクティブです)

注3:

V5のタトゥーレイヤーの靴下には、つま先のキャップではなくつま先があります。だからあなたは今つま先に入れ墨をすることができます。しかし、これはまた、タトゥーレイヤーが靴下やストッキングに適していないことを意味します!靴下やストッキングの下着レイヤーをお勧めします。タトゥーレイヤーの手袋も指をより正確に追跡します。指の爪と足の爪の両方が、タトゥーレイヤーの靴下と手袋の上にあります。

  • 最終更新: 2021/01/22 14:22