Save Stick

この新しい機能「Save Stick」は、LaraHUDにあった古いセーブスロットを置き換えて、HUDから切り離したものです。

  • Save Stickは1つで1つのLaraボディの状態を保存します。
  • Save Stickは複製が可能でアイテム名も変更可能です。
  • スキン、レイヤー、アルファ、ニップル、ネイルの状態を保存でき一括または個別で設定を読み込める

みなさんはボディをアップデートするたびに「保存したアウトフィット」を修正するのが大変だと感じています。 これは「アウトフィットのリンクを置き換える方法」を行えばボディ更新後、本体とHUDの新しいバージョンへのリンクをすばやく簡単に置き換えることができます。

いままでは特定のアウトフィットのために肌やアルファのようなものを保存したい人は、自分のボディやHUDのコピーをたくさん作成していました。そのため本体がアップデートされるとこのデータはすべて失われました。この悩みがSave Stickですべて解決します。

Save Stickを床にrezすることで名前を変更できます。その後、インベントリに戻すと、選択した名前の新しいコピーになります。(名前が変更された)Save Stickをコピーしてフォルダーに移動することをお勧めします。

Save Stickを着用してタッチします。オプション付きのメニューがビューアウィンドウに表示されます。「SAVE ALL」ボタンを押すと、メッシュボディのすべての設定が保存されます。SLビューアでアウトフィットを保存したい場合は、名前を変更した保存スティックとボディ(および場合によってはレイヤー)を装着したまま登録します。

後でその外観になりたいときは、保存したセーブスティックをもう一度着用して、「Load All」オプションを選択します。保存されたデータの一部のみをロードすることも可能です。たとえば、お気に入りのアウトフィットのアルファを保存することにのみの場合だけでも保存​​スティックを使用できます。メッシュボディの構成に関係なく、名前が変更されたスティックの独自の小さな「コレクション」を作成できます。

地面に小さなアイテムをrezするときは、見失う可能性が高いです。

  1. オブジェクトをrezできる場所にいることを確認します。
  2. ctrl+3(Macの場合はcmd+3)を押して、編集ウィンドウを開きます。
  3. この状態でrezするアイテムが選択されていることを確認します。

これにより、rezした後のアイテムを非常に簡単に見つけることができます。もう1つの役立つヒントは、オブジェクトをrezしようとしている地面にかなりズームインしていることを確認することです。今では、アイテムをインベントリから地面にドラッグするだけです。

  • 最終更新: 2020/12/01 15:05