MaitreyaのBakes on Mesh (BoM)

BoM(Bakes on Mesh)が実際に何であるかについては多くの混乱があるようです。 Second Lifeでメッシュボディが普及する前は、私たち全員がシステムアバターを持っていました(実際、まだそうですが、それを隠すことに慣れていました)。このデフォルトのアバターは、メッシュボディに付属のアルファレイヤーを削除したときに表示されるアバターです。このデフォルトのアバターには常にスキンがあります。皮膚を取り除くことはできず、交換するだけです。着用するシステムレイヤーのテクスチャは、デフォルトのアバター(シャツ、ズボンなどのアイコン)に直接焼き付けられます。これの良いところは、アルファグリッチが発生することなく、複数のタトゥーとシステムウェアを互いに積み重ねる(重ねる)ことができることです。これの欠点は、3Dの欠如です。服はあなたの体に描かれているように見えますが、それは必ずしも非常にリアルに見えるとは限りません。

今BoMで、私たちは両方の長所を手に入れます! Bakes on Meshテクノロジーで可能になるのは、デフォルトのアバターで着用されているすべてのテクスチャ(システムレイヤー)がメッシュボディにもベイクされることです。 衣服の場合、フィットしたメッシュは依然としてnrであることがよくあります。ほとんどの人にとって1つの選択肢。しかし、ランジェリー、タトゥー、肌の効果(ほくろ、そばかすなど)などは、BoMモードで着用するのに最適です。アルファグリッチが発生することなく、複数の(システム)レイヤーを重ねて着用できるためです。これらのシステムレイヤーを着用または追加する順序によって、何の上に何が表示されるかが決まることを知っておくとよいでしょう(ただし、小さなレンチアイコンを押すと、服の編集ウィンドウで順序を変更できます)。たとえば、そばかすのあるタトゥー(システム)レイヤー、タトゥーテクスチャのあるレイヤー、ランジェリーのあるレイヤーがある場合、最初にそばかす、次にタトゥー、次にランジェリーを着用します。

これは、システムレイヤーのアイコンがインベントリでどのように表示されるかです。

メッシュボディがBoM(Bakes on Mesh)モードに設定されていて、衣服(システム)レイヤーを着用したい場合、このアドオンは少しリアリズムを追加するための良い方法になります。 Tシャツを着ているときに、胸の間のスペースなど、体の一部で衣服が接着されているように見せたくない場合があります。 BoMアドオンパーツは、このためのソリューションを提供します。

BoMアドオンパーツHUDで、次のパーツを切り替えることができます。

  • 胸の谷間:衣服が肌に塗られるのではなく、より自然に見えるように胸の谷間にまたがっています
  • 乳首:乳首を隠し、滑らかな表面に置き換えます。
  • Bellybutton:輪郭を滑らかにして、へそのくぼみを隠します。
  • 骨盤:性器の細部を隠して、衣服をよりリアルに見せます。 (別名、ラクダのつま先を削除します)。このセクションはまた、お尻の頬の間のギャップにまたがっています。 (パーマウェッジを削除します)
  • つま先キャップ:BoMソックスが正常に機能するように、つま先の上に部分的なソックスを作成します。

BoMモードの靴下(システム)レイヤーは、メッシュボディにつま先があるという事実に悩まされています。メッシュボディに靴下のテクスチャを焼き付けると、つま先がテクスチャリングされ、テクスチャの上に足の爪が表示されます。これを解決するために、メッシュソックスと同じようにつま先を覆うつま先キャップを作りました。 2つのバージョンを作成しました。

*通常のつま先キャップには通常のslavaturavがあり、不透明な靴下(システム)レイヤーに着用することをお勧めします。ただし、BoMモードの半透明のストッキングには問題があります。これは、メッシュアイテムがBoMモードに設定されている場合、デフォルトのアバターで着用されているすべてのテクスチャがこのメッシュでベイク処理されるためです。そのため、肌のつま先の詳細がつま先のキャップにも表示されます。 *つま先キャップaltは、半透明のストッキングに適しています。これらのつま先キャップのUVが変更され、テクスチャの詳細が表示されなくなりました。つま先キャップのaltは、BoMアドオンパーツHUDの色合いパネルを使用して少し暗くすることができ、少し透明になるように編集できます。もちろん、これは完璧ではありませんが、メッシュのつま先を対象としていないテクスチャを作成することは回避策であり、とにかくそれらの作業のようなものです。

この写真では、BoMモードで着用した半透明のストッキングを見ることができます。

写真番号1は、通常のつま先キャップを示しており、靴下のテクスチャを通して肌のつま先の詳細が示されています。

写真番号2は、同じストッキングのつま先キャップaltを示しています。写真2のつま先キャップaltは少し暗くなり(ハッドの面2と呼ばれるコントラストラインはさらに少し暗くなりました)、不透明度を下げることでつま先キャップは少し透明になりました。ハッドスライダー。

注1:BoM(Bakes on Mesh)は、メッシュボディのスキンレイヤーを占めます。一度に着用できるスキンは1つだけです。前に述べたように、皮膚は取り替えることができ、取り除くことはできません。また、スキンを別のスキンに追加することもできません。ただし、現在、スキンに(システム)タトゥーレイヤーを使用しているスキンメーカーもあります。これらは追加できるため、古いシステムスキンの上にスタックで着用できます(これは、古いシステムスキンがメッシュ本体用に作成されておらず、つま先と指がメッシュと一致しない場合に適したソリューションです。体)。

メッシュボディは、マイトレーヤアプライヤー(ララHUDのものを含む)、オメガアプライヤー(オメガマイトレーヤリレーが必要)、またはボディをBoMモードに設定することで、スキンテクスチャを使用できることを理解することが重要ですが、使用できるのは1つだけです。時間。

注2:BoM(Bakes on Mesh)は、スキンレイヤーでのみ機能します。ララメッシュボディに付属しているメッシュの衣類やメッシュのタトゥー/下着/衣類のレイヤーを使用する能力には影響しません。必要に応じて、ボディがBoMモードの場合でも、メッシュレイヤーを使用できます。

注3:BoMモードとアプライヤーモードの切り替えを少し混乱させるのは、アプライヤーモードのときにボディ(システム)アルファレイヤーを着用する必要があり、この(システム)アルファレイヤーを削除する必要があるという事実ですBoMモードの場合。これは、BoMモード(システム)では、アルファレイヤーがデフォルトのボディを非表示にするのと同じように、ボディの一部を非表示にするためです。 Lara HUDのアルファページは、BoMモードとアプライヤーモードの両方で使用できます。

Firestormユーザーへのヒント:(システム)AlphaレイヤーのコピーをFavorite Wearablesフォルダーにドラッグして、BoMモードとApplierモードを頻繁に切り替える予定がある場合にいつでも簡単にアクセスできるようにします。

Bakes on Meshの詳細については、このページにアクセスしてください。

  • 最終更新: 2020/11/27 12:36