通貨購入をしよう

セカンドライフの通貨はリンデンドルです。
通貨を購入してショッピングを楽しみましょう。

※スクリルは2016年10月1日から日本国内からアカウントが作成できません。

公式の日本語ナレッジページの日本語ナレッジベース 支払に詳細があります。

日本国内から支払い方法に選べるのは、ペイパルとクレジットカードとデビットカードです。

変換レートは大体1200円でで2000リンデンドル程度です。
日本円とアメリカドルとの為替レートで変わります。

一度課金をすると、「支払情報済み」のアカウントになります。
「支払情報済み」になると行動できる範囲も広がります。

使用できる支払い方法は、
Visa、American Express、MasterCard、Delta Online、
JCB、Diners Club、Discover、Visa Electron、PayPal、Skrill

この中で利用しやすいのがペイパルです。
ペイパル決済でエラーが出る場合は認証を行う必要があります。

認証とはペイパルの審査です。
少額を請求して請求先に書かれているコードを入力すると完了します。
そのため支払い方法によっては日数がかかります。
タイミングが悪いと1ヶ月程度かかります。
使うかもしれないと思ったら予め準備しておきましょう。

ペイパルは銀行口座も登録できますがSecond Lifeで支払いできません。
(チャージすればつかえるかもしれません)

PayPalアカウントに登録したデビットカードまたはクレジットカードの確認手続きはどのように行いますか。

プリペイドカードはVISAなどの対応支払いのロゴが付いているカードであってもつかえません。
またスマホ決済が発行するバーチャルカードも使えません。(LINEペイなど)

一時的に使えても、あとで使えなくなることが多く、確実性は低いです。

セカンドライフでお金を稼ぐことも可能です。

  • 作ったものやサービスを売る
  • ゲームに参加して稼ぐ
  • イベントの賞としてもらう

釣りなどのゲームの賞や、写真コンテスト・ダンスイベントのコンテストの賞金など、
様々な形でもリンデンドルを得ることができます。

ゲーム通貨を扱う取引サイトなどを利用しないようにしましょう。

リンデンドルはリンデンラボが行ってる取引方法以外の購入または販売は禁止です。
違反した場合はアカウントの停止または追放につながる可能性があります。

新規アカウントは最初の月に購入できる額は100米ドル分です。22000リンデンドル程度です。日本円でおよそ1万1千円(為替レートが1米ドル110円の場合)

セカンドライフのすべてのアカウントはリンデンドルの購入に上限があります。
特に新規アカウントで初めてリンデンドルの購入してから30日間は強い制限がかかります。 30日を過ぎると、Level1になります。

通常のアカウントは、Level1(一月の購入上限が1999米ドル)になっているのが通常の状態です。 この上限の解除をすることも可能です。その場合はサポートに連絡をしましょう。

この制限は詐欺などの犯罪を抑制するためのものです。 この制限は30日ごとに更新されます。

Economic Limitsから確認できます。


※新規アカウントの制限状態

  • 最終更新: 2021/06/17 14:51